福岡市内にある美容と健康のお悩みを真面目に考える場所。根拠に基づく美容医療を当たり前に、大切な事は患者が語る「物語」から患者の背景と対話に基づく美容医療である事。ダントツ至極「西通り鍼灸整骨院 東洋健美」
  • スタティックストレッチ 「静的ストレッチ」

通常の可動域を超えて筋肉をゆっくりと長軸方向へ伸展させるストレッチ。

目的:可動域の向上・改善

運動前より運動後に推奨されているストレッチ「クールダウン」

新常識として、運動前の静的ストレッチはパフォーマンスが低下する。

一時的な可動域向上は、力の伝達ロスを引き起こし、怪我の誘発に繋がる。

静的ストレッチを行う際、意識する事は「筋紡錘」による伸張反射を防ぐ。

  • バリスティックストレッチ 「準備体操」

筋を反復「反動」伸展させるストレッチ 

目的:瞬発性を向上

現在では「伸張反射」による筋線維損傷などを考慮して、敬遠される事が多い。

急激に筋を引き伸ばす方法が怪我を誘発し、伸張反射による筋緊張が起るため、筋弛緩や可動域の向上にはむかないが、急な運動が必要となった際には「ウォームアップ」として取り入れる事は悪くない。今後、また見直される事になると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA