福岡市内にある美容と健康のお悩みを真面目に考える場所。根拠に基づく美容医療を当たり前に、大切な事は患者が語る「物語」から患者の背景と対話に基づく美容医療である事。ダントツ至極「西通り鍼灸整骨院 東洋健美」

「姿勢を綺麗にする」事を考える際、

 

・背骨の真っ直ぐに伸ばす事

・骨盤のゆがみを矯正する事

・脚を組まないようにする事

OX脚を改善の為に、太ももの内側の筋肉を鍛える事

などを想像すると思います。

 

しかし、今回はちょっと目先をかえて、頭の位置を整える事に注目してみましょう。

 

前回お話ししましたが、真っ直ぐに立っているつもりでも、

ヒトは常にゆらゆらと揺れながら姿勢を保持しています。

 

そして、年齢を重ねるとその揺らぎは大きくなり、

悪い姿勢へとカラダを構築してしまいます。

 

その揺らぎは、ヒトの頭部の重さに原因があります。

どうしてもヒトの骨格では、頭がおおきすぎるのです。

 

その頭を支える事が、良い姿勢を手にいれる第一歩なのですが、

その頭部を支える役目を是非、舌と唇に注目してもらいたいです。

 

舌も唇も、横紋筋で骨格筋です。意識して動かす事ができるのです。

そして、骨格筋でありながらあまり疲れを感じにくい不思議な筋肉です。

 

良い姿勢の維持ができているヒトに注目してみると、

唇が下に落ちてしまい「ポカン」と口を開きっぱなしでいるヒトは、まずいません。

 

生理学的にも、口腔内をウイルス等から守る為にも、口は閉じている事が正常です。

 

そして、舌は上顎のスポット内に綺麗に広く「ベタッ」と張りついて上顎を持ち上げ、

頭部の安定を促す事が、良い姿勢を作りあげる事の近道です。

 

舌先は、前歯を押してはいけません。触れないようにしてもらいます。

そして、舌は丸まって縮こまる事なく、大きく広く上顎を支えます。

奥歯には舌は当たっていても問題ありません。

むしろ、奥の歯を押し広げるように舌が働くことで、それぞれの歯のスペースが確保でき、

歯列は綺麗に生えそろいます。

 

舌と唇には、もう一つ嚥下(物を飲み込む)の際に、よく働きます。

 

 

トレーニングとして、口を開けた状態で、「水をこぼさないように飲む」というトレーニング方法も良いでしょう。

小顔矯正 骨盤矯正 美容鍼 あごのゆがみ 顎関節症などどんなお悩みでもご相談ください。

顎関節症・顎の痛み・腰の痛み・骨盤の痛みなどの症状をお持ちの方へ

福岡中央区天神大名地区 小顔矯正・骨盤矯正・美容矯正院 西通り鍼灸整骨院 東洋健美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA